壊れたスポーツカー

僕は10年前からコツコツとお金を
貯めて貯金してきたんですが
そのお金でいつかスポーツカーを
乗ってやろう!と意気込んで貯金し続けました。
本当に頑張ったんですよ?
熊本で有名なデリヘル情報サイトに載ってるお店でコツコツと働いて
地道にお金を貯め続けて頑張ったんです。
そして、やっとその時が来た!
僕は10年間貯め続けたお金で
ようやっと夢のスポーツカーを
買う事が出来たんですね・・・
そして、新品が納車された日はそのスポーツカーを
眺めながら眠ったりと本当に溺愛し続けたのですが
事件は納車して1週間目に起こりました。
中学生時代の友人がいきなり「ちょっとその車に
乗りたいんで貸してほしい」と言ってきて
僕はそれを断ったのですが
あまりにもしつこかったので渋々貸してあげたんですね
でも、既にその時から嫌な予感はしていました
そして、スポーツカーを貸して数時間後に
警察から電話が来て、「アナタが車の所有者さんですね?
交通事故が起きたんで来て下さい」と言われ
僕はその現場に向かったのですが
買って1週間足らずの僕のスポーツカーは
見るも無残に廃車・・・
僕は思わず「うぼぁ・・」と声を出してしまいました。
幸い、死亡事故なんかではなかったので良かったですが
本当に悲しかったです。
後日、その友人の両親から車の新車価格の
お金と慰謝料を払ってもらうということで
済みましたが、もうアレ以来スポーツカーを
買おうとは思わなくなりましたね。
軽乗用車位がやっぱり僕には
合っていると思いました。
皆さんもこういったトラブルに巻き込まれないように
本当にお気をつけ下さいね。

This post does not allow comments